--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完成品を描かないから下手のまま?

2010年10月26日 15:43




1:スペースNo.な-74 ::2006/12/16(土) 20:02:50
「昔の人は画材が高価で、描き直しのできない一発勝負だったから
習作を重ねたけど現代は完成品を描き続ける事が、モチベーションと
緊張感を保つ上でベストだ
。」
「何の為に最初から習作と油断して描くのか。本番だと思って練習しないから
うまくならないんだ
。」

今日アトリエでこんな事を言われてしまいました。


4:スペースNo.な-74 :sage:2006/12/16(土) 20:50:10
そりゃあるな。適当な殴り書きはディテールまで煮詰めないから。
芸術(or昔の人)ならディテール問わない場面は多々あるが、
漫画や殊イラストはディテール誤魔化すとヘタレ呼ばわりされるからな。
8:スペースNo.な-74 :sage:2006/12/16(土) 22:02:40
一枚の絵に時間かけて取り組んで、
手は動いてなくても悩んでる時間とというのが一番大事だったりするので、
服着せて背景も小物も全部描いて色も塗って中身の濃い練習しろって事だな。
全部の要素を練習出来て効率いいじゃん。
とりあえずザクッと広めに経験積んでるうちに
基本の必要性が自分で理解出来るから、骨だの筋肉だのはそれからでいい。

ああいうのは自分に必要な部分を分かった上でやらないと意味ない。


14:スペースNo.な-74 :sage:2006/12/16(土) 22:31:30
まあ漫画にしたってそうだと思う。
下手でも最後まであげて初めて見える欠点もある。
クロッキー1万枚書くより漫画100作仕上げた方が断然うまくなる。


27:スペースNo.な-74 :sage:2006/12/17(日) 21:03:07
普段から実戦のつもりでやっておかないと
いざ本番にいきなり完成品仕上げるなんてできないもんな


33:スペースNo.な-74 :sage:2007/08/24(金) 00:29:55
ラフは上手く見えるんだよな…
完成品を見ないと真の実力は見えてこない。


35:スペースNo.な-74 :sage:2007/09/08(土) 04:43:22
ラフだと自分を甘やかしてしまう
それが最悪
自分の弱点を自覚できない練習に何の意味があるのかと
無闇に自虐的になる必要はないけど甘やかすのは何より良くない


55:スペースNo.な-74 ::2007/11/07(水) 21:08:01
ようは考えることが上達につながると思うのです
何も考えずにどらゑもんを500枚書くことに
何の意味もありません
完成度をあげると言うことは
完成するために、構図、パース、構造、色味等いっぱい考えなければ
完成しません

その答えの道筋を練習せずに
果たして一回で完成度の高い作品が出来るでしょうか
という事でもあると思います


500枚完成品を書けばとても上達でしょう
しかしどらゑもんを書き続けても
余り意味はないでしょうね



77:スペースNo.な-74 :sage:2008/02/18(月) 03:17:58
最近ほんの少し完成品が増えてきた。
ちょっとだけ画力が上がった気がする!

どこが描けててどこが駄目かが丸解りになるからいいのかもしれんな。
完成品描くのは。




スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://halo00.blog136.fc2.com/tb.php/15-d29776f8
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。