--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知ってるだけで少し絵がうまくなる言葉

2010年11月08日 01:22




1 :スペースNo.な-74:2006/03/04(土) 03:11:50 ID:

意識でもなんでもいい。

おれが知ってるのは身体の比。
有名だが足のサイズは肘の長さとほぼ同じ。

なんかいつも意識にしてる言葉教えろ


5 :スペースNo.な-74:2006/03/04(土) 12:25:47 ID:
立体だと思いながら描く
空気を意識して描く


12 :スペースNo.な-74:2006/03/04(土) 17:09:22 ID:
毎日描く事


13 :スペースNo.な-74:2006/03/04(土) 17:32:16 ID:
統一感
コントラスト、しかしバランスも大事
14 :スペースNo.な-74:2006/03/04(土) 17:50:14 ID:
目は顔の真ん中。
脳みそが入りそうも無い頭蓋骨を描かない。



18 :スペースNo.な-74:2006/03/04(土) 21:26:38 ID:
描いてる部分だけを見ずに全体を見る
影をつける時は光の方向を考えながらつける


52 :スペースNo.な-74:2006/03/07(火) 09:17:03 ID:
腕は鎖骨から始まる。


90 :スペースNo.な-74:2006/03/10(金) 01:07:06 ID:
両手を真横に広げたときの長さは、その人の身長とほぼ同じ。


92 :スペースNo.な-74:2006/03/10(金) 03:02:57 ID:
足や頭などの末端部分をしっかり描き込むと
それなりに見える、と教わった
逆にそこを疎かにすると締まりなく見える


カラーイラストだとより顕著みたい



93 :スペースNo.な-74:2006/03/10(金) 03:10:37 ID:
ヘソは体の中心。
ココを支点にすると体を支えられる。

現実の人間の場合だが。

影を付けるとき同系色だけだと印象がぼやける。
違う系統の色を少し混ぜるべし。


97 :スペースNo.な-74:2006/03/11(土) 19:25:39 ID:
デフォルメは到達点であって経過点ではない
基本を経ずにデフォルメを用いる者は型の模倣者に過ぎない


103 :スペースNo.な-74:2006/03/14(火) 09:44:23 ID:
手で描くんじゃなくて、頭で描く
日々の観察を怠らぬこと



107 :スペースNo.な-74:2006/03/14(火) 13:40:12 ID:
「見たまま描く」とか「写真のように描く」のがデッサンであると
認識する人は多いと思いますが、
それでは部分的なことを多少言いえているだけです。
例えば、デッサンの訓練が出来ていない人には、
写真を見ながらでも、 写真をトレースしてでもそれでも、
描けないものは描けないものです。
「見たまま描く」のでは不十分で、
例えば花を描くにしても、花弁がどうついているか、芯は、
めしべとおしべは、ガクと茎はどう繋がっていってるか、
そうした構造的なことを理解した上でないと
完成されたデッサンは描けないものです。
つまり、デッサンで最も大事なことは、
対象をよく理解することで、
そのように観察することです。
デッサンの訓練を経てみると、
「見る」というのは普段いかに偏向的で
いい加減な認知・処理をしているものか
(ま、そうしないと脳神経的に
精神的にオーバーヒートするからですが)、
実感することになります。


「技術の問題か認識の問題か」といえば、
「認識の問題」群の中に「技術的な問題」が含まれてる、ということと考えています。


108 :スペースNo.な-74:2006/03/14(火) 23:19:07 ID:
頭ん中でちゃんと立体として描けてないとね。
末弥純も「見えていない部分まで(脳内で)描け」って言ってたな。

ところで女性は男性よりも立体認識が苦手らしい。
女性の描く絵が基本的にデッサン狂ってるのもそのせいかと。


109 :スペースNo.な-74:2006/03/15(水) 23:09:14 ID:
脳の構造上、女性は色彩感覚が豊かで、
男性は立体の感覚にたけていると言われている。
が、訓練次第でどうとでもなるので、
男女論はあまりあてにならない。

最近は女性漫画家もうまい人多いしね。


110 :スペースNo.な-74:2006/03/17(金) 21:14:41 ID:
絵が上手くなることを目的にしちゃうと続かない気がする

何かをより豊かに表現しようとするために
絵という道具を用いてるに過ぎないのであって
その道具を改良したり、整備したりってのが本当のところだって気づきはじめた


 111 :スペースNo.な-74:2006/03/17(金) 23:10:37 ID:
 
そだね。
 画力があっても心が枯れちまって何も描けなくなる絵師もいるからね。


134 :スペースNo.な-74:2006/04/24(月) 00:50:07 ID:
「きれいな絵を描こうとするより、うまい絵を 描こうとするべきである」
アニメーション 28 の法則・大塚康生



137 :スペースNo.な-74:2006/05/02(火) 07:38:41 ID:
"自分の中には全然無い、思いもしない発想で描く人と、
自分に似た思考で 自分と似たタイプだけど、自分よりも技術的に高い人、
この2種類の憧れになる人が持てるといいと思うんだよね。

ようするに、自分の好きな人だけ追っかけると、自分の都合のいいように
都合のいいように、自分に無いものは全然求めないから、確かに‘スゴイ人’
にはなっていくかもしれないけれど、
オールマイティーさは無くなっていくような気もするから。"

井上俊之
業界トップアニメーターに聞く-アニメーターの養成について-
http://www.pa-works.jp/runner/inoue/index-inoue06.htm



153 :スペースNo.な-74:2006/07/12(水) 07:52:08 ID:
出来る奴は実行し、出来ない奴ほど教えたがる。
by山口貴由


163 :スペースNo.な-74:2006/07/23(日) 14:25:28 ID:
この前ラヂオで誰か言ってた"絵描きがスランプから脱出する方法"

昨日描いた絵と全く同じものをもう一度描く。
同じ絵を描いてると飽きるので、アレンジや修正を加えるようになる。
それでまたちょっと前進できるのだそうで。




164 :スペースNo.な-74:2006/07/23(日) 21:00:26 ID:
偉い人が、

毎日描くのは画力を安定させるため。
上達したいなら時間かけて、
じっくりひとつ描いたほうがいい。



173 :スペースNo.な-74:2006/07/27(木) 01:26:14 ID:
「お前が思うよりもずっと
萌え絵師の目は小さく描かれている。
大きく見えるだけだ。」





 180 :スペースNo.な-74:2006/07/27(木) 21:23:44 ID:
 >>173に俺も最近やっと気付いた
 意外と小さいんだよね>目
 リアルの人間と同じ位置・横幅で、縦幅だけデカくするくらいが
 丁度バランスが取れてていい感じになる
 大きめに描くときは、上下位置を中心よりやや下を狙う(幼児っぽくなり可愛くなる)
 横幅が大きい目を上の方に描くと、ほんと気持ち悪い




228 :スペースNo.な-74:2006/09/01(金) 00:11:26
苦しめば苦しむほど巧くなるんだから、仕方がない

スタート地点で偶然巧いやつはいるが
そいつらさえも、そこからさらに高みを目指したければ、結局苦しいことが待ってる

楽しいって思い込めちゃった時点で、それは停滞とイコールでしょう
苦しさで足掻かないと何もしないッスよ、人間は

苦しいのが楽しいくらいのマゾ気質になると、絵描きとして一人前なのかもね



250 :スペースNo.な-74:2006/10/24(火) 16:02:11
「さあ、やるか!」と出来るだけ気合を入れて紙に書いて見えるとこに貼っとけ
グダグダ言ってる間に手を動かしたほうが上達する



299 :スペースNo.な-74:2006/12/30(土) 20:49:38
線が多ければ多いほど見る側がまともな線だけを捕らえるので
頭の中で補完された情報で捕らえた映像になる。
ゆえに線の多いエンピツラフ画は3倍うまく見える。
↓初心者のよくある言い訳
「ペン入れすると感じ変わっちゃうんだよねー」

うまくなる効率
ペン入れ×1>>>>>>>>>>>>>>>>ラフ×100




310 :スペースNo.な-74:2007/01/02(火) 21:15:23
線が多いとラフにしか見えなくてしょぼく見える

 311 :スペースNo.な-74:2007/01/03(水) 23:19:27
 確かに線が多いラフ状態の方が見栄えがいいと感じるのは描いた本人だけかもしれないな

 316 :スペースNo.な-74:2007/01/05(金) 14:07:05
 「線は終着点を見据えて描くと迷わない」ってよく聞くね。


  317 :スペースNo.な-74:2007/01/05(金) 14:36:57
  >>316
  それ知ってから、長い線のペン入れがふらつかなくなったよ



341 :スペースNo.な-74:2007/02/08(木) 20:26:54
人生で一番絵が下手な時は、自分の下手さに気付いていない時



344 :スペースNo.な-74:2007/02/19(月) 00:43:43
人体構造よりポーズに重きを置く
腰をひねると躍動感が出て2割り増しにうまく見える




356 :スペースNo.な-74:2007/03/02(金) 02:11:08
頭を描くときに腰、つま先まで想像する。
描いた線を見るんじゃなくてこれから描く線を見る。
頭を上手く描きたいって思ったら徹底的に全身画を練習すべし


とお言葉を頂いたが正直出来れば苦労してないス



358 :スペースNo.な-74:2007/03/02(金) 13:13:39
「耳からまっすぐ垂線を下ろすと乳首に行き着く」
高橋ゆたかのボンボン坂高校の台詞だったかなあ、
あれは参考になったw

あと中学生くらいのときなるほどなーと思ったのは、
「興味があるパーツがでかくなりがち。
だから目や頭(顔)が不自然に大きくなって、
手なんかが小さくなる」これも何かの本に載ってた。



541 :スペースNo.な-74:2007/04/21(土) 03:36:56
ガイシュツかもしれんが書く

直立するとヒジはちょうどウエストの高さにある。

肩から下の長さはヒザから下の長さのちょうど三倍。

手首からヒジの裏の曲がる所までが足のうらの大きさ。

美しい目の感覚は、目と目の間にもう一つ分目が入るくらいだそう。

美しいおっぱいは鎖骨の真ん中、乳首と乳首に線をひくと正三角形になる。

両手を広げた先から先までが身長。

美人の基準は顔の左右が対称であることだそう。



558 :スペースNo.な-74:2007/04/23(月) 08:38:00
絵の練習は、ペンで一発描きするといいらしい
失敗したと思ったら、失敗箇所を修正するように、
また同じ構図を隣に描く
修正液や砂消しなど使って
同じ絵を何回も描き直すんじゃなくて、
自分の失敗をしっかり残しておく





581 :スペースNo.な-74:2007/04/28(土) 08:28:36
練習法が自分に合ってるかを常に考える。
プロは情報の捨て上手、シロウトは情報の溜め上手。



583 :スペースNo.な-74:2007/04/28(土) 12:12:47
次の日すぐ作業に取り掛かれる様に
就寝前にちゃんと準備しておいた方がいい
と最近思う

 584 :スペースNo.な-74:2007/04/28(土) 12:50:21
 俺はやりかけのところや気になったところを付箋で貼ってから寝てる
 貼ったらそのこと考えないで寝れる



595 :スペースNo.な-74:2007/05/21(月) 17:54:13
そのまま見る、理論的思考を挟まない
力抜いて映画やアニメ等映像作品を見た後
一時的に立体把握力が上がり絵が上手くなる事が有るが
これは、つい目鼻等の特徴的記号の二次元座標的位置関係で絵を描こうとしてしまう左脳的思考が
右脳的思考に切り替わってる為




607 :スペースNo.な-74:2007/06/13(水) 19:34:37
なにより必要なのは現状に対する危機感
それが無ければ必死に考えも練習も出来ない




618 :スペースNo.な-74:2007/07/06(金) 01:37:58
とある実況スレにて
「どうしてそこに線をひいたのかを
    考えてないと下手な絵になる」
なるほどと思った
漠然とただ数をこなせばいいと言うわけではない
頭を使って、手を動かさないと…すべてが無駄になる




641 :スペースNo.な-74:2007/07/10(火) 13:08:44
腰からヒザまでの脚の骨は逆ハの字
ヒザから足首までの脚の骨も逆ハの字
ヒザは脚から出っぱってるんじゃなくて、ヒザから下の骨が奥に位置する
(※立っている時のみ参考に)


649 :スペースNo.な-74:2007/07/13(金) 11:50:10
基本は大事。


650 :スペースNo.な-74:2007/07/13(金) 12:19:43
基本はおろそかにしない、批評は無にしない。
でも鵜呑みにもしない、根っこは変えない。




659 :スペースNo.な-74:2007/07/18(水) 13:18:14
愚痴る暇あったらペンを持て
自分の絵を破り捨てたくなったら思い切り破り捨てて新しいのを描け
上手いと思った絵は穴が開くまで何度も見ろ




660 :スペースNo.な-74:2007/07/19(木) 18:02:16
自分の好きな事は
自分にとって毒だと思え


 662 :スペースNo.な-74:2007/07/20(金) 15:19:02
 好きな事・・・
 2chしたり2chしたり簡単パースの人物絵しか描かなかったり
 背景描かなかったり、とかの事か


700 :スペースNo.な-74:2007/07/28(土) 00:37:06
最初に引いた線1本2本ですでにそれが良い絵になるかどうか勘でわかってしまう
そういうときは思いきって描かないのが時間の節約になると思った。



 701 :スペースNo.な-74:2007/07/28(土) 02:08:46
 実際迷い線なしの一本線で絵が描ける人たちはそうなんだろうな
 >紙の上に絵をイメージして、それをなぞる



707 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 18:20:32
上手い絵の悪い部分を見ても意味がない
いいと思うならどうすればそうなるかを考えろ



709 :スペースNo.な-74:2007/08/01(水) 03:28:15
こだわりを持ってやったほうがいいよ



710 :スペースNo.な-74:2007/08/01(水) 06:26:39
自分って上手いじゃんって思った瞬間から上達は止まる
いつでも謙虚さを忘れるな


719 :スペースNo.な-74:2007/08/05(日) 03:14:08
枚数こなせば必ずうまくなるわけじゃないけど
うまい人は、誰もが枚数をこなしている


枚数をこなさないと始まらないけど
ただ枚数をこなせばいいほど甘くはないとも思うんです


720 :スペースNo.な-74:2007/08/05(日) 15:54:15
模写するときも端っこから描かない
細かく描くのは一番最後の最後

最初は全体像がイメージできるまでのアタリをとる
感覚的に自分で対象物を描ききれるイメージができたら描く
練習すればするほどイメージをつかみやすくなる

だから色んなものを描くべきだけど
それはなかなか難しいんでまずは自分が一番描きたいものを描く

でもそれが萌え絵の場合は萌え絵をそのまま模写するのなら
フィギュアを見て描いたほうが力つくと思う
基本楽しく好きこそ物の上手なれってやつ



773 :スペースNo.な-74:2007/08/12(日) 01:03:05
比率は大事だぞ


 774 :スペースNo.な-74:2007/08/12(日) 01:40:54
 
絵がうまくなる最初の一歩って比率に気付く場合が多いよね



782 :スペースNo.な-74:2007/08/21(火) 01:01:04
ライバルがいるだけで上達スピードは一気に上がる。
そしてネットにはライバルがたくさんいる


815 :スペースNo.な-74:2007/08/27(月) 15:51:19
一枚の絵に時間を掛ける。
これを毎日やる

それが出来る馬鹿なら誰でも上手くなれる


868 :スペースNo.な-74:2007/09/25(火) 16:44:56
知らなければ描けない。

あたりまえだけど、わからなかったら実物見れば良いんだよ。


中には考えてガリガリ描けるやつもいるけど、必ずしもそうじゃなくて良いと思う。
人に限定すれば資料はある程度自分自身がそれをつとめられるから。


 870 :スペースNo.な-74:2007/09/25(火) 22:13:25
 ゴワゴワの服着て着ぶくれた肘の内側のシワとか、
 冬にも観察すべきものは腐るほどある。
 常日頃観察していざって時に素早く引き出せる
 パターンに加えるのもいいんじゃない。



 871 :スペースNo.な-74:2007/09/27(木) 19:21:12
 「上手い人は全部想像で描ける」と思い込んでる奴いるからな…


 877 :スペースNo.な-74:2007/09/28(金) 15:58:31
 ポーズは、人体とパース理解していれば簡単なものなら描けるでしょ
 けど、難解なものは資料なければ無理、すっっっげー上手い人でも無理



 890 :スペースNo.な-74:2007/09/30(日) 21:44:32
 
ちょっとスレチだが
 「見た事がないものは描けない」っていうのをどっかで見た。

 想像上の存在や見たことの無い場所を描けないという訳じゃなくて、
 たとえば架空のクリーチャーを描くにしても、
 必ず「見たことがあるもの」を混ぜ合わせて構成されるっていう。


 891 :スペースNo.な-74:2007/09/30(日) 23:26:04
 まぁ…そりゃそうだろ
 想像上の存在も、記憶をミックスしてつくってるわけで

 姿も名前も存在も知らないものってのは、「無いもの」と同じなんよ
 知って初めて、この世界に存在するものとして認識するんだから
 全く自分の脳内にないものなんて、描けるわけない



  892 :スペースNo.な-74:2007/10/01(月) 17:35:52
  
想像も混じるだろ

    893 :スペースNo.な-74:2007/10/01(月) 18:16:35
    
いや、だから想像も記憶の集合なんだって
    脳には信じられないほどの情報が絶えず蓄積されていて、
    意識下では知らない(と思っている)ことも脳は知ってたりする
    でも、その情報量は半端なく膨大だから、
    使わない知識はどんどん奥にしまったり、捨てなきゃならない

    でも、ふとした時にそういう情報同士をビビビとくっつけられると、
    それがアイデアに繋がるんだな
    例えば夢を見てる時ってのは、脳が情報を整理してる時だっていうだろ
    ケクレが蛇の夢見てベンゼンの構造理論を思いついたのは、
    彼がそれに至るまでに勉強しまくって
    いつもそのことを考えてたからだよ

    まぁつまり何が言いたいかというと、
    想像は創造ではないということだ



 899 :スペースNo.な-74:2007/10/05(金) 20:10:01
 ピカソは1.7万枚も写真資料持ってたらしいぜ。
 あのピカソでなのに、というのか、だから、というのか。




908 :スペースNo.な-74:2007/10/12(金) 18:39:48
他人の絵を見て、
「自分と同じ位だ」と感じたら、その絵師は実は自分より上だ。
「自分よりも上だ」と感じたら、その絵師は自分より遥かに上だ。
「自分よりも下だ」と感じたら、自分はその絵師と同レベルくらいだ。



 912 :スペースNo.な-74:2007/10/13(土) 06:04:25
 
他人が自分より劣っていると感じたなら、実際は自分と同等である。
 他人が自分と同等だと感じたなら、実際は自分より上である。
 他人が自分よりも上だと感じたなら、実際は自分よりもはるか上にいる。

 元はこれかな。落語家が言ったらしいが



962 :スペースNo.な-74:2007/10/23(火) 01:29:30
「間違ったら紙を替える」
一発書きを意識する。
というか消しゴムを使わない。

ペンの書き味が苦手な人は鉛筆でいいけど、消して書き直したりしない。
たとえば顔の主線をひいてきて、頬のラインやアゴのラインが
おかしいなと感じたら、新しい紙にまた始めから書き直す。
その時は始点から狂っていることも多いから、前の紙をよく見ること。
前の紙から、全体像を想像しながら次の紙に書くこと。

友人は「一度描いたら3日寝かせる」という持論があったが
一度に数枚しか描かないのでちっとも上達しなかった。
たしかに3日後に見ると歪んでたり狂ってたりする箇所が見えてくるが
上達しない足枷になるのが「自分の作品に固執すること」
上手くなりたいなら同じ絵を何度もいじらない。
失敗が見えたらすぐ放り出したほうがいい。
ただし練習もぜんぶとっておくこと。
自分の失敗作が一番のお手本だよ。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://halo00.blog136.fc2.com/tb.php/32-5b7d20e3
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。